♯everyday music for everyday people♯

 

◆日々のエピソードと音楽ネタを中心にぼやいていくサイト◆ です。
気がつけば2013年。
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
最近のオススメ&ニュース
SENSE
SENSE (JUGEMレビュー »)
Mr.Children
祝!20周年!!
最近のオススメ&ニュース
最近のオススメ&ニュース
最近のオススメ&ニュース
最近のオススメ&ニュース
最近のオススメ&ニュース
最近のオススメ&ニュース
最近の日記
カテゴリー
過去の日記
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
お気に入りのリンク
管理人の自己紹介
その他
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
LOVE PSYCHEDELICO @代々木公園野外ステージ


今日は夕方からEarth Day Tokyo 2006に行ってきました。
これは代々木公園を中心に4月22日・23日の2日間に渡って開催されるイベントで、
地球に感謝し、美しい地球を守る意識を共有する日というのがコンセプトのようです。

僕の目的はもちろんLOVE PSYCHEDELICOのフリーコンサート。
今回は約1時間の短いステージででしたがなんといっても「HELP!」のカバーを
聴けたことが大きな収穫でした。
これは現在NHKで放送されている「英語でしゃべらナイト」のオープニング
テーマ曲にもなっていて、先日この番組にデリコの二人が出演したことでも
大きな話題となりました。僕はもちろん録画して観ましたよ。
「HELP!」はビートルズの超有名曲ですが、大胆にアレンジが加えられていて
とてもデリコチックに仕上がっています。僕はこういうのかなり好き。
生で聴きたいと思っていたので今日はこれだけでも大満足でした。
行ってよかった。時間があればもっとまわりの出店も覗いてみたかったな。
かなり変わったものがたくさん展示されていてじっくり見たら面白いかも。
来年もあれば行きたい。そして来年もぜひデリコを呼んで欲しい。
彼らはこういうフリーライブの雰囲気が良く似合う。
あ、ちなみに明日はBONNIE PINKUAが出演します。
雨が降らなかったら行くんだけどなぁ・・・。久しぶりにボニーも観たいのだが・・・。

LIVE PSYCHEDELICO
LIVE PSYCHEDELICO

今回のライブを疑似体験できるアイテムがつい最近出たこのライブ盤。
かなり各楽器やボーカルにMIXが施されているため、聴きやすくなっている反面
各音の持っている迫力は生に比べると今ひとつな感も・・・。特にドラムが・・・。
でもアレンジや歌い回しが原曲とはかなり変わっている部分もあるので
聴き所は随所に散りばめられています。DVDとはまた違った角度から
彼らのライブの魅力を堪能できることでしょう。爆音でぜひ。


LOVE PSYCHEDELICO アースデイ・コンサート
@代々木公園野外ステージ

【セットリスト】
01. Mind across the universe
02. Everybody needs somebody
03. Free World
04. I am waiting for you
05. HELP! (The Beatles)
06. Your Song
07. LADY MADONNA〜憂鬱なるスパイダー〜
08. A DAY FOR YOU



この曲を聴くと野音のライブを思い出す。開放感溢れるナンバー。久しぶりに聴けてよかった。

♪I am waiting for you / LOVE PSYCHEDELICO
| 音楽のたね | 23:59 | comments(5) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
意外に思うだろうが、LOVE PSYCHEDELICOは俺知ってる。何年か前take-cからライブの録画を頼まれたからってのもあるけど、YAHOOのサウンドステーションで無料で聴けたからこのアルバムはずっと聴いてた。
ヴォーカルがかっこいいから、繰り返し聴いた。俺は声質が駄目だとどんな名曲でも駄目なんだけど、この女性ヴォーカルは一発で気に入った。アルバムも買おうかと思ったくらし。何人組かもヴォーカルの名前も知らんままやけど。略してデリコって言うのか。俺はラブサイかラブデリかと思ってたよ(笑)
しかし、take-cは30になっても最新の音楽についていけるのが凄いよ。
俺が子供の頃、演歌ばっかり聴いてアイドルなんて何も知らない親父を馬鹿にしてたけど、今になって親父の気持ちがわかるよ。テレビは報道とスポーツしか観なくなったので流行など何もわからなくなった。若手のお笑い芸人も知らんし、モー娘も嵐も何人なのかも知らん。絶対に10代の奴とは話が合わん自信がある。
音楽も今なぜかBOOWYばっかり聴いてる。親父が演歌ばっかり聴いてたのと同じだろうね。
俺が中学の時に初めてBOOWYを聴いた時はメチャクチャカッコいいと感じたのだが、今の中学生にBOOWYを聴かせると「昔のダサイ音楽」と思われるのだろうか?
| occhi | 2006/04/30 4:10 AM |
返信遅くなりました・・・。

occhiさんがデリコを聴いてるなんて意外ですね(笑)
そういえばいつだったか録画していただいた
あのビデオは本当に貴重なライブシーンが満載で
今だに観たりしています。本当にありがとうございました。

最新の音楽には僕も全然ついていってないですよ。
オレンジレンジやケツメイシやコウダクミなんて
全然わからないし。ただ好きなアーティストの新作を
根強く追いかけてるだけです。
occhiさんだって好きな格闘技のことなんかは詳しいですよね。それと同じことだと思います。

ちなみにデリコは60年代70年代のロックがルーツなので
ファンには結構年のいったおじさんおばさんも多いです。
とても泥臭くて普遍的な音を鳴らしているバンドだと
僕は解釈しています。
| TAKE-C | 2006/06/05 9:58 PM |
>オレンジレンジやケツメイシやコウダクミなんて
全然わからないし。

俺は倖田のベストアルバムを発売日に買ったもんね(^_^)v
ほとんどのシングル曲はわかる。
ふっ!TAKE-Cに勝ったようだな (-。-)y-゜゜゜

最近、BOOWYの解散発表ライブのDVDを買った。
コレを見ると、ライブは魂だとわかるね。
技術的には今の方が上だろうけど、あそこまで魂こめて音を出せるのは、一生のうちでもそうはないだろう。
渋公の外では暴動が起こるほどファンが溢れ、会場内はファンもメンバーも張り詰めていた。
氷室も布袋もこれで最後って覚悟での演奏だから、鬼気迫る迫力だった。布袋も「技術的にはともかく、あれだけ全身全霊をかけてギターを弾く事はもうないだろう」と語っていた。凄いライブを観た!
| | 2006/06/08 1:49 AM |
名前書き忘れたけど↑はオイラね。
ま、書かなくてもわかると思うけど…。
| occhi | 2006/06/08 1:54 AM |
うぅ・・・倖田のベストアルバムですか。
負けた・・・。

ライブは魂というのは同感ですね。
どんなに上手な歌い手でもどんなに上手な演奏家でも
心に響かない音楽はたくさんありますから。
どんなにへたくそでもどんなに荒削りでもやっぱり
魂のこもったものは人の心を動かしますよね。

そういう奇跡的なライブにリアルタイムで立ち会えたとき
僕は本当に幸せを感じてしまいます。
だからライブ通い、やめられないんですよね(苦笑)
| TAKE-C | 2006/06/08 11:58 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://take-c12.jugem.jp/trackback/310
トラックバック