♯everyday music for everyday people♯

 

◆日々のエピソードと音楽ネタを中心にぼやいていくサイト◆ です。
気がつけば2013年。
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
最近のオススメ&ニュース
SENSE
SENSE (JUGEMレビュー »)
Mr.Children
祝!20周年!!
最近のオススメ&ニュース
最近のオススメ&ニュース
最近のオススメ&ニュース
最近のオススメ&ニュース
最近のオススメ&ニュース
最近のオススメ&ニュース
最近の日記
カテゴリー
過去の日記
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
お気に入りのリンク
管理人の自己紹介
その他
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
『LIMIT OF LOVE 海猿』を観る


今日はとある用事で奥さんと平塚へ。
平塚といえば僕が学生時代に使っていた駅。
懐かしい僕の大好きな中古CD屋さんに寄ろうと
懐かしい道を歩いているとそこにはすでにお店は
ありませんでした。あぁ・・・。
本当に学生時代によく通っていた好きなCD屋はことごとく
つぶれていきますね。これも時代の流れか。

用事を済ませ、藤沢に戻って映画を観ることに。
映画まで少し時間があったので漫画喫茶で時間をつぶすことに。
奥さんは初めての漫画喫茶体験。
もともと漫画好きなのでえらく気に入ってしまった様子。
ヘンな場所を教えてしまったかなぁ。
入り浸りにならなければいいんだけど(苦笑)

『LIMIT OF LOVE 海猿』は期待を裏切らない出来でおもしろかったです。
前作やドラマが好きだった人は間違いなく楽しめると思います。
僕は男と男の熱い友情や仕事にかけるプライドのシーンに胸が熱くなりました。
本当は加藤あいとの恋愛模様がメインに置かれているのかもしれませんが
それはこの映画のちょっとしたスパイスに過ぎないと感じました。
学生時代にこれを観たらまた違った視点で感動したのかもしれないけど。

学生時代に観た『タイタニック』もあの頃は主人公二人のラブストーリーの
部分に素直に感動してたけど、社会人何年目かになってたまたまTVで観たら
沈みそうな船の上で最後まで自分の職務を全うしようとしている音楽家の
人たちや船長の姿にとても感動的して泣けた。泣けてしょうがなかった。
ディカプリオはもはやどうでもよくなっていた。

学生時代にたくさん観た映画もたまには見返してみるもいいかもしれない。
あの頃とはまた違ったことを感じるのかもしれない。

壮大な大袈裟過ぎるアレンジで無理やり心を揺さぶるラブバラード。サビが圧巻。くどい。

♪Precious / 伊藤由奈
| 映画のあと | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://take-c12.jugem.jp/trackback/315
トラックバック