♯everyday music for everyday people♯

 

◆日々のエピソードと音楽ネタを中心にぼやいていくサイト◆ です。
気がつけば2013年。
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
最近のオススメ&ニュース
SENSE
SENSE (JUGEMレビュー »)
Mr.Children
祝!20周年!!
最近のオススメ&ニュース
最近のオススメ&ニュース
最近のオススメ&ニュース
最近のオススメ&ニュース
最近のオススメ&ニュース
最近のオススメ&ニュース
最近の日記
カテゴリー
過去の日記
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
お気に入りのリンク
管理人の自己紹介
その他
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
曽我部恵一 独り会 2007〜東京篇 @新宿LOFT


昨日のFACTORY観覧に引き続き、2夜連続で曽我部恵一のライブに行ってきました。
昨日はホーン隊を含んだ大所帯のバンドでしたが、今日は曽我部さん1人での弾き語り。
僕はどっちかといえばこの弾き語りのほうが好みです。
普段から弾き語りの時はたっぷりと演ってくれるほうですが
今回はなんと終わってみれば4時間強(!)、全50曲(!)というギネス級の
ボリュームでした。開演時間が17時からだったので多少覚悟はしていましたが
ここまですごいことになるとは・・・。
あの伝説の風呂ロックを超えました。

整理番号は夢の一桁。特等席で観ることができました。
その近さは息遣いやリズムをとる足踏みの音が聞こえるほどです。やばい。

「曽我部です。」という簡単な挨拶の後に歌い出したのはいきなり名盤
『東京』からのナンバーで「恋におちたら」でした。
僕は一気に96年のあの頃の空気に引き戻されたような感覚に。
あの桜のジャケットと小田急線のとある駅から歩いた川沿いの風景が鮮やかに
僕の脳裏によみがえってきます。まるで魔法のような歌声だ。

続く・・・(鋭意執筆中)
同行者のねじまき鳥ひろニクルさんの日記はこちら

【セットリスト】 (後半はかなりあやふや)
<第1部>
01. 恋におちたら
02. 花咲くころ
03. モナリザの微笑み (ザ・タイガースのカバー)
04. もしも
05. 5月
06. 愛のゆくえ 
07. ねむれないあの娘のために
08. White Tipi
09. jellies
10. センチメンタルな夏 (新曲)
11. 恋人たちのロック 
12. 胸いっぱい
13. シモーヌ
14. ふたりの恋は終わったよ (新曲)
15. 砂漠 (新曲)
16. 時計を止めて夜待てば 
17. 星を見たかい?
18. 月光荘

<第2部>
〜サニーデイサービス『愛と笑いの夜』全曲再演〜


19. 忘れてしまおう
20. 白い恋人
21. ジェット
22. 知らない街にふたりぼっち
23. 96粒の涙
24. 雨の土曜日
25. 愛と笑いの夜
26. 週末
27. サマー・ソルジャー
28. 海岸行き

<第3部>
29. おはよう (新曲)
30. 朝日のあたる街 (新曲)
31. ブルーのこころ
32. セブンティーン
33. スロウライダー
34. 春を待つ人 (新曲)
35. 3つの部屋
36. 真昼のできごと
37. 幻の季節
38. あじさい
39. ラブ・セレナーデ
40. FIRE ENGINE
41. きみの愛だけがぼくのハートをこわす
42. 抱きしめられたい
43. 吉祥寺
44. 成長するってこと 
45. 夢を見ていた午後 (新曲)
46. 東京
47. 東京 2006 冬
48. 青春狂走曲
49. 若者たち

<アンコール>
01. きれいだね

♪愛と笑いの夜 / サニーデイサービス
| 音楽のたね | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://take-c12.jugem.jp/trackback/344
トラックバック